お知らせ

【ながやま周辺観光ご案内】晶子染め体験

柴山潟の湖底土と片山津温泉の源泉を利用した絞り染め「晶子染め」
名前の由来は歌人与謝野晶子が片山津温泉を訪れた際、「風起り うす紫の波うごく 春の初めの片山津かな」という歌を残したことから。

この歌の通り気品のある薄紫色のハンカチやスカーフを簡単に作ることが出来るんです!

まず、素材のハンカチやスカーフを輪ゴムを使って絞る作業をします。
このときの絞りの強さで染め柄や濃淡が微妙に変わって世界で1枚、自分だけの作品が出来上がります。

ゴム手袋を着用し、温泉で煎じたお茶に布を浸して揉み込み込みます。

水分を十分に絞った後、湖底土の中で同様に揉み込み水洗い…その後また最初の染め液を揉み込む作業をします。時間に余裕がある場合は何度か繰り返します。
源泉、湖底土の温度や濃度で染めの色合いが微妙に変わります。

輪ゴムを外してよく水洗い、出来上がりにどきどきしながらいざ・・・広げます!

それぞれぜんぜん違う柄に!
世界に一枚だけのオリジナルです。

素敵な仕上がりに大満足!
片山津温泉に来た際は是非ご体験ください。

晶子染め日記